両天秤(読み)りょうてんびん

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐てんびん リャウ‥【両天秤】

〘名〙 (両端に掛けるところからいう)
① 物の重さをはかる秤(はかり)の一種。さおの両端に皿を吊り下げ、中央を支点とする挺子(てこ)を用いて、一方の皿にはかる物を、もう一方の皿に分銅を載せて、物の重さをはかる装置。さらばかり。天秤。両天。
② 二つのものに同時に関係をつけておいて、一方がだめな時はもう一方を得られるようにしておくこと。ふたまたをかけること。両天秤を掛けること。両天。
※洒落本・祇園祭挑燈蔵(1802)大結「又伴さんも由良大尽へのいきはり、おめへは勘平さんへつらあて、両天秤(りゃうテンビン)の恋の重荷」
③ 釣具の一つ。天秤状の金具で、二本の釣り針を結ぶもの。また、それを用いた仕掛け。片天秤に対していう。両天秤針。両天。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android