コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木寂阿 なみき じゃくあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木寂阿 なみき-じゃくあ

1734-1801 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)19年生まれ。下総(しもうさ)香取郡御所台村(千葉県)の人。広岡宗瑞(そうずい)にまなび,その師中川宗瑞の飛鳥(あすか)園をついだ。享和元年5月5日死去。68歳。死後,3代飛鳥園一叟(いっそう)により追悼集「寂阿坊句集」が刊行された。通称は七郎右衛門。別号に一叟,兎什,芝蘭など。句集に「白兎句集」,編著に「先手後手」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

並木寂阿の関連キーワード享和パーベル1世山東京伝平敷屋朝敏シャルダンブルボン朝ボルテール六如工藤平助尊信女王

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android