コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木寂阿 なみき じゃくあ

1件 の用語解説(並木寂阿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木寂阿 なみき-じゃくあ

1734-1801 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)19年生まれ。下総(しもうさ)香取郡御所台村(千葉県)の人。広岡宗瑞(そうずい)にまなび,その師中川宗瑞の飛鳥(あすか)園をついだ。享和元年5月5日死去。68歳。死後,3代飛鳥園一叟(いっそう)により追悼集「寂阿坊句集」が刊行された。通称は七郎右衛門。別号に一叟,兎什,芝蘭など。句集に「白兎句集」,編著に「先手後手」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

並木寂阿の関連キーワード享和平敷屋朝敏ブルボン朝六如工藤平助六如六如日本舞踊森田勘弥辛酉教獄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone