並河成資(読み)なみかわ なりすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並河成資 なみかわ-なりすけ

なみかわ-しげすけ

並河成資 なみかわ-しげすけ

1897-1937 昭和時代前期の品種改良家。
明治30年8月16日生まれ。新潟県農事試験場の技師として,技手鉢蝋清香の協力を得て,昭和6年極早生・多収・良質の水稲品種「農林1号」を育成した。農林省農事試験場中国小麦試験地にうつり,小麦の育種研究にあたるが,昭和12年10月14日自殺。41歳。京都出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android