コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中内樸堂 なかうち ぼくどう

美術人名辞典の解説

中内樸堂

幕末・明治の儒者。伊勢国津生。名は惇、字は五惇。斎藤拙堂門下中、土井聱x;牙・川北梅山と併び三傑と称される。藩学有造館の教官を務め、のち三重県中学校の教師となる。明治15年(1882)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中内樸堂 なかうち-ぼくどう

1822-1882 幕末-明治時代の儒者。
文政5年10月生まれ。伊勢(いせ)(三重県)津藩士。斎藤拙堂にまなび,藩校有造館や伊賀(いが)上野の藩校支校崇広(しゅうこう)堂でおしえる。明治3年有造館督学参謀となる。廃藩後は中学教員や神職となった。明治15年12月30日死去。61歳。本姓は島川。名は惇。字(あざな)は五惇。別号に柳山。著作に「樸堂詩鈔」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone