中力粉(読み)チュウリキコ

大辞林 第三版の解説

ちゅうりきこ【中力粉】

主にめん類に使われる小麦粉。中間質小麦から作られ、強力粉と薄力粉の中間の性質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中力粉
ちゅうりきこ

普通粉ともいう。国内産普通小麦やオーストラリア産スタンダード・ホワイトのような中間質小麦だけか、それにアメリカ産ウェスタン・ホワイトなどの軟質小麦を混ぜて製粉して得られる小麦粉。水とこねてできる生地(きじ)の弾力は、強力粉と薄力粉の中間よりもやや薄力粉に近い。タンパク質量は7.5~10.5%と幅がある。主用途はうどんなどの日本麺(めん)用だが、タンパク質が少ないものは、まんじゅうなどの菓子用にも適性がある。[長尾精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中力粉の言及

【グルテン】より

…原料の小麦粉に対し,40%前後得られる場合,その小麦粉を強力粉といい,20%前後の場合薄力粉という。中間は中力粉という。小麦粉がパンやうどんになるのは,このグルテンの粘性のためである。…

【小麦粉】より

…グルテン含量が最も高く,その麩質(ふしつ)が強いものが強力(きようりき)粉(硬質粉でタンパク質が約12%以上)で,次いでグルテンが多いものが準強力粉(準硬質粉でタンパク質が11%前後)である。グルテン含量が最も低く麩質が弱いものが薄力粉(軟質粉でタンパク質が約8.5%以下)で,中間から薄力粉よりのグルテン含量のものが中力粉(準軟質粉でタンパク質が9%前後)である。ただし原料小麦のタンパク含量が収穫年度や栽培地域により変動が大きいことなどから小麦粉の種類とタンパク含量には規格はない。…

※「中力粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中力粉の関連情報