中国の赤い星(読み)ちゅうごくのあかいほし(英語表記)Red Star Over China

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカ人ジャーナリスト、エドガー・スノーによる中国の西北ソビエト区および中国共産党の活動を紹介した著作。1937年刊。彼は1936年、宋慶齢(そうけいれい)の仲介で中国西北ソビエト区に潜入、命を賭(と)して単身延安に入り、それまで知られることがほとんどなかった中国共産党の実情を丹念に取材し、自らの見聞をもとに、共産党・紅軍と民衆との深い結び付きや優れた革命精神を世界に紹介して大きな反響をよんだ。日本でも1937年(昭和12)『中央公論』が掲載を始めたが、すぐに禁止された。毛沢東(もうたくとう)の来歴を叙述した「一共産主義者の来歴」の章は、現在でも毛沢東に関するもっとも信頼しうる史料として利用されており、中国の将来についての的確な見通しと相まって、今日でも名著として高く評価されている。

[古厩忠夫]

『宇佐美誠次郎訳『新版 中国の赤い星』(1964・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android