コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中尾平七 なかお へいしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中尾平七 なかお-へいしち

1806-1890 江戸後期-明治時代の社会事業家。
文化3年生まれ。生地の因幡(いなば)(鳥取県)若桜(わかさ)村ではじめた醤油(しょうゆ)醸造で財をなす。それを投じて蛇切淵(じゃきりぶち)道の新設,茗荷谷(みょうがだに)村での新田開発をすすめる。凶作の安政4年には玄米200俵を分配するなど,困窮者の救済にも力をつくした。明治23年7月3日死去。85歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中尾平七の関連キーワードナポリ王国ワイセンブルク社会民主党(ドイツ)ドイツ映画フランツ大陸封鎖フランツ[2世]ビュルゲルファビウスアーデルング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android