コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山勘解由 なかやま かげゆ

2件 の用語解説(中山勘解由の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山勘解由 なかやま-かげゆ

1633-1687 江戸時代前期の武士。
寛永10年生まれ。旗本。天和(てんな)3年火付改加役(のちの火付盗賊改)となり,江戸の火付け,盗賊,男伊達(だて)をとりしまり,八百屋お七の火刑もおこなった。貞享(じょうきょう)3年には男伊達二百余人を捕らえた。同年大目付。きびしい取り調べで鬼勘解由とおそれられた。貞享4年死去。55歳。名は直守(なおもり)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまかげゆ【中山勘解由】

1633‐87(寛永10‐貞享4)
江戸幕府の旗本。諱(いみな)は直守(なおもり)。1683年(天和3)正月に火付改加役(ひつけあらためかやく)(後の火付盗賊改)を拝命,江戸市中に横行していた火付,盗賊や〈男伊達(おとこだて)〉の取締りにらつ腕を振るった。捜査には〈目明し(めあかし)〉を活用,また拷問等による峻厳な吟味をもって〈鬼勘解由〉と恐れられ,伝説的な逸話が多い。〈海老責(えびぜめ)〉を考案したとも伝えられる。86年(貞享3)9月には男伊達200余人を追捕してこれを一掃,同年12月大目付に進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中山勘解由の関連キーワード犬子集海外渡航禁止令野ざらし紀行鎖国令年寄衆六人衆一条教輔加藤光正国包(3代)ショメル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone