コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山勘解由 なかやま かげゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山勘解由 なかやま-かげゆ

1633-1687 江戸時代前期の武士。
寛永10年生まれ。旗本。天和(てんな)3年火付改加役(のちの火付盗賊改)となり,江戸の火付け,盗賊,男伊達(だて)をとりしまり,八百屋お七の火刑もおこなった。貞享(じょうきょう)3年には男伊達二百余人を捕らえた。同年大目付。きびしい取り調べで鬼勘解由とおそれられた。貞享4年死去。55歳。名は直守(なおもり)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまかげゆ【中山勘解由】

1633‐87(寛永10‐貞享4)
江戸幕府の旗本。諱(いみな)は直守(なおもり)。1683年(天和3)正月に火付改加役(ひつけあらためかやく)(後の火付盗賊改)を拝命,江戸市中に横行していた火付,盗賊や〈男伊達(おとこだて)〉の取締りにらつ腕を振るった。捜査には〈目明し(めあかし)〉を活用,また拷問等による峻厳な吟味をもって〈鬼勘解由〉と恐れられ,伝説的な逸話が多い。〈海老責(えびぜめ)〉を考案したとも伝えられる。86年(貞享3)9月には男伊達200余人を追捕してこれを一掃,同年12月大目付に進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中山勘解由の関連キーワード志賀仁右衛門唐犬権兵衛町奴

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android