コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男伊達 おとこだて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男伊達
おとこだて

いわゆる「旗本奴」「町奴」に代表される「かぶき者」,すなわち無頼ののこと,あるいは,それらの連中が身につけていた戦国の余風ともみえる男の風俗のことをいう。三升屋二三治の『紙屑籠』の「男達テ」の項には,「二代目団十郎栢莚,男達のやつしにも下に紅絹のむくを著る事,男達の襦袢はもみのゑりなし故に,荒事師のもみむくより出たるものか,りつぱにしてつよみあるを好むといふ」とある。慶長の末年頃 (1609~15) から寛文の頃 (61~73) と,ほぼ半世紀にわたって幅をきかせたが,その思考や行動が自由放縦で常軌を逸していたため,新時代の風教には好ましくないとみてとった江戸幕府によって一掃されてしまった。ただし,その気風は残り,「弱きを助け,強きをくじく」ということで,やがては男伊達をして侠客のことをさすようにもなってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おとこ‐だて〔をとこ‐〕【男伊達/男達】

男としての面目が立つように振る舞うこと。強きをくじき、弱きを助け、命を捨てても信義を重んじること。また、そういう人。侠客(きょうかく)。「頼まれて嫌とは言えぬ―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おとこだて【男伊達】

〔男(の面目)を立てる意〕
強い者をくじき、弱い者を助け、信義を重んじること。また、そういう人。俠客。 〔実際には無頼の徒が自らを美化して称するにすぎないことも多い〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男伊達
おとこだて

男を立てるために、いったん心がけたことを貫き通す意地をもち、強きをくじき弱きを助ける義侠(ぎきょう)心に生きた人間像。男立とも書く。この風俗は、16世紀末より盛んになり、ひときわ目だつ異装、異様ないでたちで、世間を我が物顔に横行闊歩(かっぽ)し、その精神面においても、またその行動面においても、人に目だつことに誇りをもった。江戸前期に無頼の旗本がこの風に染まり、男伊達の本領を忘れて巷(ちまた)を横行したが、これを旗本奴(はたもとやっこ)といい、その乱暴狼藉(ろうぜき)に対抗して立ち上がった庶民を町奴(まちやっこ)とよんだ。やがてこれらが弾圧され、のちに侠客(きょうかく)と称する者が登場してくる。[稲垣史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の男伊達の言及

【中山勘解由】より

…諱(いみな)は直守(なおもり)。1683年(天和3)正月に火付改加役(ひつけあらためかやく)(後の火付盗賊改)を拝命,江戸市中に横行していた火付,盗賊や〈男伊達(おとこだて)〉の取締りにらつ腕を振るった。捜査には〈目明し(めあかし)〉を活用,また拷問等による峻厳な吟味をもって〈鬼勘解由〉と恐れられ,伝説的な逸話が多い。…

※「男伊達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

男伊達の関連キーワード中山新九郎(初代)坂田半五郎(初代)姉川新四郎(初代)大谷広次(初代)嵐吉三郎(初代)幡随院長兵衛大口屋治兵衛深見十左衛門伊達衆・達衆団七九郎兵衛黒船忠右衛門梅の由兵衛桂 章太郎ちょっかい夏祭浪花鑑侠客・俠客中山勘解由森次左衛門藤本斗文稲垣史生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

男伊達の関連情報