コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山和久 なかやま かずひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山和久 なかやま-かずひさ

1930- 昭和後期-平成時代の法学者。
昭和5年1月7日生まれ。43年母校早大の教授。のち埼玉女子短大学長。労働法を専攻ILO(国際労働機関)条約,公務員労働法の研究を通じて,公務員,公共企業体職員の労働基本権を保障する理論を構築した。福岡県出身。著作に「ストライキ権」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中山和久の関連キーワード特定独立行政法人等の労働関係に関する法律公共企業体等労働関係法労働関係調整法看護職員条約国際労働条約不当労働行為争議権

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android