コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山正(読み)なかやま ただし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山正 なかやま-ただし

1912-1964 昭和時代の数学者。
明治45年7月26日生まれ。昭和12年プリンストン高等数学研究所に留学。19年名古屋帝大教授となる。代数学整数論の研究で知られ,29年「環論および表現論の研究」で学士院賞。昭和39年6月5日死去。51歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「集合,位相,代数系」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中山正の言及

【類体論】より

…これは種々の相互法則を含むものであり,一般相互法則と呼ばれている。その後も,シュバレーC.Chevalley(1909‐ ),エルブランJ.Herbrand(1908‐32),H.ハッセらによる証明の簡易化や算術化,中山正(1912‐64),アルティン,テートJ.T.Tate(1925‐ )らによるコホモロジー論の応用などにより,豊富な内容を含む理論となった。【斎藤 裕】。…

※「中山正」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中山正の関連情報