コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山潮堂 なかやま ちょうどう

1件 の用語解説(中山潮堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山潮堂 なかやま-ちょうどう

1817-1893 幕末-明治時代の俳人。
文化14年生まれ。信濃(しなの)(長野県)の人。江戸の仁井田碓嶺(にいだ-たいれい)にまなび,のち諸国をめぐる。明治のはじめに長野県庁の営繕係をつとめた。明治26年11月10日死去。77歳。名は嘉市。通称は与兵衛。別号に椿海(ちんかい),中山居。著作に「誹諧今人名家千二百題集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中山潮堂の関連キーワードモンロー妙心紀行文学東京大学咸宜園科学史咸宜園劇詩光の科学史ウェルナー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone