コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山績子 なかやま いさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山績子 なかやま-いさこ

1795-1875 江戸後期-明治時代の女官。
寛政7年2月10日生まれ。中山愛親(なるちか)の娘。文化4年東宮にはいり,上臈(じょうろう)となり,高松局と称する。弘化(こうか)3年孝明天皇の践祚(せんそ)の際,大典侍となり,明治天皇践後もつとめる。「中山績子日記」は宮中の儀式や年中行事などに関する貴重な文献。明治8年2月12日死去。81歳。初名は美禰,愛子(なりこ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中山績子

没年:明治8.2.12(1875)
生年:寛政7.2.10(1795.3.30)
幕末維新期の女官。中山愛親の娘。初名は美禰。のち愛子,績子。文化4(1807)年東宮(のち仁孝天皇)に出仕し,上臈となり高松局と称した。孝明天皇の践祚に当たり大典侍となる。嘉永1(1848)年伏見宮邦家親王の王子嘉彰親王(のち小松宮),能久親王(のち北白川宮)が仁孝天皇の養子となった際,その養母代となる。明治2(1869)年正三位。明治天皇の生母中山慶子は兄忠尹の曾孫に当たる。<著作>『中山績子日記』

(久保貴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中山績子の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス共和国憲法フランス史(年表)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android