コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島コンツェルン なかじまコンツェルン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中島コンツェルン
なかじまコンツェルン

1931年中島知久平によって設立された中島飛行機を中心としたコンツェルンで,新興財閥のなかで最も軍需工業的性格が強かった。第2次世界大戦中軍用機増産政策により傘下に 67社の下請企業をもつコンツェルンに急成長。 45年4月には軍需省第一軍需工廠として民有国営企業になり,戦後返還されて富士産業と改称したが,連合軍によって解体され富士重工業,富士精密 (プリンス自動車工業と改称,1966年日産自動車に合併) などに引継がれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の中島コンツェルンの言及

【中島飛行機[株]】より

中島知久平が創立した航空機メーカー。第2次大戦終戦時には三菱重工業と並ぶ日本の代表的総合航空機メーカーに成長するとともに,いわゆる中島コンツェルンの中核会社であった。中島は,民営による航空機の国産化を目指して,郷里群馬県太田町に飛行機研究所(1919年中島飛行機製作所と改称)を設立した。…

※「中島コンツェルン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中島コンツェルンの関連キーワード富士重工業[株]中島飛行機[株]