コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島撫山 なかじま ぶざん

1件 の用語解説(中島撫山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島撫山 なかじま-ぶざん

1829-1911 幕末-明治時代の儒者。
文政12年4月2日生まれ。中島敦の祖父。亀田綾瀬(りょうらい)・鶯谷(おうこく)父子にまなぶ。明治2年武蔵(むさし)久喜(埼玉県)に漢学塾幸魂(さきたま)教舎をひらいた。明治44年6月24日死去。83歳。江戸出身。本名は慶。通称は慶太郎。別号に佐知麻呂。著作に「性説疏義(そぎ)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の中島撫山の言及

【中島敦】より

…東大国文科卒。祖父は漢学者中島撫山,伯父にも漢学者が多く,父は中学の漢文教師。1933年横浜高等女学校の教師となり,かたわら作家を志して習作にはげんだ。…

※「中島撫山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

中島撫山の関連キーワード桂太郎内閣鶴屋南北俚言集覧岩石区スバルドゥーデン小林佐兵衛ドゥーデンウィリアムズ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中島撫山の関連情報