コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯谷 うぐいすだに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶯谷
うぐいすだに

東京都台東区北西部にある JR東日本京浜東北線山手線の駅名。上野恩賜公園の裏玄関にあたる。山ノ手下町の境に位置し,徳川家霊廟に隣接。北東に根岸の里(鶯渓)があり,第2次世界大戦前の東京の面影が残る。付近には寺院が多く,谷中霊園も近い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐こく〔アウ‐〕【×鶯谷】

《「詩経小雅伐木から》鶯(うぐいす)が谷にいること。また、鶯のすむ谷。転じて、世の中にまだ名も知られず出世もしないこと。⇔鶯遷(おうせん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯谷
うぐいすだに

東京都台東(たいとう)区北西部、JR山手(やまのて)線、京浜東北線の駅名(1912年開設)、およびその付近の通称名。現在、暗渠(あんきょ)になっている音無(おとなし)川が駅の近くを流れていて、ウグイスの名所となっていたのを駅名にしたものという。現在の鶯谷にはそのおもかげをしのぶものはなにも残っていない。上野公園の裏玄関にもあたり、北部には江戸時代から文人墨客が多く住んで根岸(ねぎし)の里(初音(はつね)の里)とよばれた風雅の地がある。[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶯谷の関連キーワード日本のおもな学会・協会土谷 一光(2代目)土谷一光(初代)土谷一光(2代)同潤会アパート佐々木 とよ佐々木とよ小中村清矩台東(区)物集 高見南 拾参生久志本常彰度会常彰大関剣峰野崎佐吉亀田鶯谷恒川宕谷物集高見鶯谷庄米国枝松宇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶯谷の関連情報