コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯谷 うぐいすだに

3件 の用語解説(鶯谷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶯谷
うぐいすだに

東京都台東区北西部にある JR京浜東北線,山手線の駅名。上野公園の裏玄関にあたる。山ノ手下町の境に位置し,徳川家霊廟に隣接。北東に根岸の里 (鶯渓) があり,第2次世界大戦前の東京の面影が残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おう‐こく〔アウ‐〕【×鶯谷】

《「詩経」小雅・伐木から》鶯(うぐいす)が谷にいること。また、鶯のすむ谷。転じて、世の中にまだ名も知られず出世もしないこと。⇔鶯遷(おうせん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯谷
うぐいすだに

東京都台東(たいとう)区北西部、JR山手(やまのて)線、京浜東北線の駅名(1912年開設)、およびその付近の通称名。現在、暗渠(あんきょ)になっている音無(おとなし)川が駅の近くを流れていて、ウグイスの名所となっていたのを駅名にしたものという。現在の鶯谷にはそのおもかげをしのぶものはなにも残っていない。上野公園の裏玄関にもあたり、北部には江戸時代から文人墨客が多く住んで根岸(ねぎし)の里(初音(はつね)の里)とよばれた風雅の地がある。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶯谷の関連キーワード東京都台東区今戸東京都台東区入谷東京都台東区上野東京都台東区北上野東京都台東区寿東京都台東区台東東京都台東区根岸東京都台東区橋場東京都台東区松が谷東京都台東区竜泉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶯谷の関連情報