コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島来章 なかじま らいしょう

3件 の用語解説(中島来章の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中島来章

幕末・明治の円山派の画家。近江生。姓は源、字は子慶、号に春分斎・通神堂等。初め画を渡辺南岳に学び、のち円山応瑞に従う。横山清暉・岸連山・塩川文麟と共に平安四名家といわれる。幸野楳嶺川端玉章らは門人。俳句も能くする。明治4年(1871)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島来章 なかじま-らいしょう

1796-1871 江戸後期-明治時代の画家。
寛政8年生まれ。渡辺南岳(なんがく)にまなび,のち円山応瑞(おうずい)の門にはいる。幕末の円山派の大家で,山水・人物・花鳥画をよくした。横山清暉(せいき),岸連山,塩川文麟(ぶんりん)とともに平安四名家と称された。門下に幸野楳嶺(ばいれい)ら。明治4年7月15日死去。76歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。字(あざな)は子慶。別号に〓(「冬」の右に「鳥」)江,通神堂,春分斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中島来章

没年:明治4.7.15(1871.8.30)
生年:寛政8(1796)
幕末・明治初期の画家。近江国(滋賀県)大津の人。字は子慶。号は鶴江堂,神通堂,春分斎など。初め渡辺南岳に画を学び,のちに円山応瑞の弟子となった。幕末期最大の円山派画家となり,門下より幸野楳嶺を生んだ。代表作に安政の御所造営の時御常御殿御小座敷上の間に描いた「蘆辺に鶴図」や「大原女・鶏図衝立」(大阪市立美術館蔵)がある。76歳で没し,京都の光縁寺に葬られた。<参考文献>土居次義『近世日本絵画の研究』,京都市美術館『京都画壇』

(河野元昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中島来章の言及

【円山四条派】より

… 円山四条派は以後も命脈を保ち,近代日本画の確立に大きな役割を果たした。幕末期活躍した画家に円山派の中島来章(1796‐1871)と四条派の塩川文麟(1808‐77)があり,前者の門に川端玉章が現れ,両者に学んだ幸野楳嶺(ばいれい)(1844‐95)は創作とともに教育に力を尽くし,その門から菊池芳文(1862‐1918),三宅呉嶠(ごきよう)(1864‐1919),竹内栖鳳,谷口香嶠(こうきよう)(1864‐1915)ら逸材が輩出した。円山派の森寛斎(1814‐94)や鈴木百年(1825‐91)・松年(1849‐1918)父子も幕末明治期京都画壇の大家として活躍した。…

※「中島来章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中島来章の関連キーワード玉手棠洲指田詮嶋崎玄弥昇斎一景椎陰関直吉高橋四夕中村理禎宮崎柳泉吉田宗賀

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone