コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸連山 きし れんざん

2件 の用語解説(岸連山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岸連山

幕末の岸派の画家。京都生。姓は青木、名は徳、字は士道、別号に士進。少時から岸駒の門に入り、その養子となる。画法は初め師風を描いたが、晩年四条派の風趣を加味した。安政6年(1859)歿、56才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸連山 きし-れんざん

1804-1859 江戸時代後期の画家。
文化元年生まれ。京都の人。岸駒(がんく)に師事し,養子となって岸派をつぐ。文政6年有栖川宮(ありすがわのみや)家につかえる。初期の装飾的な画風から,晩年は四条派の温和なものにかわった。門下に岸竹堂,巨勢小石(こせの-しょうせき)がいる。安政6年死去。56歳。本姓は青木。名は昌徳。字(あざな)は士道,士進。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の岸連山の言及

【岸派】より

岸駒(がんく)に始まり,子の岸岱(がんたい)(1782‐1865),養子岸良(1798‐1852)が受けつぎ,祖風を守って四条派(円山四条派)に対抗した。岸駒の門人に岸連山(1804‐59)が出,家法に四条派の写生画法を折衷して新生面をひらいた。さらに連山の養子となった岸竹堂(1826‐97)は近代的な視覚も取りいれて幅広い画風を生み,幸野楳嶺,森寛斎と並ぶ明治期の京都画壇を代表する画家となったが,楳嶺門下に竹内栖鳳が,寛斎門下に山元春挙が出たのに比べ,逸材に恵まれずに終わった。…

※「岸連山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岸連山の関連キーワード卜部菊子木村玉英鈴木筌斎高井丹崖高島千春多賀谷酔雪堤等琳(2代)丸茂香湖山田峨山横田汝圭

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone