コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島秋挙 なかじま しゅうきょ

2件 の用語解説(中島秋挙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中島秋挙

士朗門。中島大之進衛輔。三河刈谷藩を致仕、郊外小垣江に曙庵を結んだ。『惟然坊句集』『曙庵句集』の著がある。文政9年(1826)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島秋挙 なかじま-しゅうきょ

1773-1826 江戸時代後期の俳人。
安永2年生まれ。三河(愛知県)刈谷(かりや)藩士。井上士朗の門にまなぶ。享和元年同門の松兄(しょうけい)とともに師の供をして江戸その他を旅した。文政9年7月25日死去。54歳。名は惟一。字(あざな)は子徳。通称は大之丞(進),衛輔。別号に曙庵,竹巣。編著に「小殿原(ことのはら)」「はつかりつか」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中島秋挙の関連キーワード自明夜来石出烏旭逸山空二壺半双竹大練舎長隠(1)不染

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone