中島錫胤(読み)なかじま ますたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島錫胤 なかじま-ますたね

1830*-1905 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政12年12月8日生まれ。阿波(あわ)徳島藩士。京都の儒者中島棕隠(そういん)の養子となる。文久3年足利氏木像梟首(きょうしゅ)事件に関係したとして投獄される。維新後,兵庫県令などをへて,元老院議官,貴族院議員。明治38年10月4日死去。77歳。本姓は三木。通称は永吉,直人。号は可庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android