コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川守脱 なかがわ しゅだつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川守脱 なかがわ-しゅだつ

1804-1884 江戸後期-明治時代の僧。
文化元年生まれ。天台宗。父は伊勢(いせ)水沢(すいざわ)村(三重県四日市市)真宗大谷派常願寺の住職。16歳で比叡(ひえい)山の安楽律院にはいり,江戸で慧澄(えちょう)にまなぶ。のち山門派から寺門派に転じて園城寺(おんじょうじ)日光院の住職となった。明治17年2月10日死去。81歳。字(あざな)は大宝。号は清浄金剛。著作に「法華玄義釈籤講述」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中川守脱の関連キーワード明治時代守脱

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android