コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧澄 えちょう

1件 の用語解説(慧澄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧澄 えちょう

1780-1862 江戸時代後期の僧。
安永9年12月5日生まれ。比叡山(ひえいざん)安楽律院で出家。文化9年江戸東叡山浄名律院で「法華玄義」などを講義。天保(てんぽう)元年紀伊(きい)粉河(こかわ)(和歌山県)に十禅院をひらく。同年浄名律院にもどり,安楽律と天台教学をひろめた。文久2年3月2日死去。83歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は高橋。号は愚谷。法名は痴空。著作に「十不二門指要鈔講義」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慧澄の関連キーワードサイゴン条約黒住教ティチング前古典派音楽黒住宗忠有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone