コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧澄 えちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧澄 えちょう

1780-1862 江戸時代後期の僧。
安永9年12月5日生まれ。比叡山(ひえいざん)安楽律院出家。文化9年江戸東叡山浄名律院で「法華玄義」などを講義。天保(てんぽう)元年紀伊(きい)粉河(こかわ)(和歌山県)に十禅院をひらく。同年浄名律院にもどり,安楽律と天台教学をひろめた。文久2年3月2日死去。83歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は高橋。号は愚谷。法名痴空。著作に「十不二門指要鈔講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

慧澄 (えちょう)

生年月日:1780年12月5日
江戸時代中期;後期の天台宗の学僧
1862年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

慧澄の関連キーワード慧海(2)桜木谷慈薫中川守脱福田行誡生年月日癡空慧澄天台宗後期円通秀存

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android