コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川自休 なかがわ じきゅう

美術人名辞典の解説

中川自休

国学者・歌人。通称陸奥守・出羽守、名は長員、号は望南亭・応然。近衛家諸大夫進藤丹波守長興の四男、有栖川宮家諸大夫中川晟章の養嗣子。京都生。和歌を香川景樹に学び桂園門下の巨擘となる。刑部権少輔・東宮陣頭等に任ぜられ従四位下に叙せられる。著書に『大幣』『望南亭筆記』等がある。天保12年(1841)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川自休 なかがわ-じきゅう

1778-1841 江戸時代後期の国学者。
安永7年8月18日生まれ。京都の人。有栖川宮(ありすがわのみや)家の諸大夫。刑部少輔(ぎょうぶのしょう)をへて文化6年東宮陣頭(とうぐうのじんがしら)となる。和歌を香川景樹(かげき)にまなび桂園派高弟として知られた。天保(てんぽう)12年8月20日死去。64歳。本姓は進藤。初名は長員。号は望南亭。著作に「大幣(おおぬさ)」「望南亭筆記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

中川自休 (なかがわじきゅう)

生年月日:1778年8月18日
江戸時代後期の歌人
1841年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の中川自休の言及

【大ぬさ】より

…巻三・四の詞章は,地歌詞章のまとまったものとして最古のもの。 なお,同名の歌学書もあり,これは中川自休著,1834年(天保5)刊。1冊。…

※「中川自休」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中川自休の関連キーワード生年月日丹羽氏曄国学者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android