コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中心レート ちゅうしんレートcentral rate

翻訳|central rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中心レート
ちゅうしんレート
central rate

(1) 1971年 12月のスミソニアン合意において,金との交換性を有しない米ドルに対して各国は新平価を設定し,為替相場を固定することになった。このレートを「中心レート」と呼ぶ。しかし 73年1月のジャマイカ合意や 78年の IMF協定改正により変動相場制度が容認されたため,実質的な意義を失っている。 (2) 日銀が発表する東京外国為替市場の銀行間取引 (円・ドル) で,その日最も取引量が多かった直物相場をいう。日銀が外為ブローカーなどからヒアリングをして 72年8月から終値とともに発表している。現在中心レートといえば (2) の意味を指す場合がほとんどである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中心レートの関連キーワードERM(Exchange Rate Mechanism )通貨バスケット東京外為市場ユーロERM

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android