コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京外国為替市場

2件 の用語解説(東京外国為替市場の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

東京外国為替市場

外国為替取引は買い手と売り手がいればいつでも売買が成立する相対取引であり、為替の取引所があるわけではない。世界各国で24時間取引が行われており、東京の銀行を中心とした取引が活発になる午前9時から午後5時くらいまでのこと、またその時間帯の取引と市場参加者全体を指して「東京外国為替市場」と呼ぶ。ロンドンニューヨークに次ぎ世界3大マーケットの一つであるが、実際の取引高はシンガポールの方が多い時期もあった。

出典|(株)マネーパートナーズ
外国為替用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうがいこくかわせしじょう【東京外国為替市場】

外国為替市場を広義に解すると,銀行とその顧客との間の外国為替取引を含めて広く外国為替取引が行われる場を意味するが,通常はより狭義に,銀行間interbank為替取引が行われる市場を外国為替市場といい,東京外国為替市場という言葉もこのような意味で用いられる。日本においては,東京のほか大阪や名古屋でも銀行間為替取引が行われるが,そこでの取引は少ない。 銀行間市場としての東京外国為替市場は,外国為替銀行外国為替ブローカーおよび通貨当局(大蔵省日本銀行)から構成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東京外国為替市場の関連情報