コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中性花 チュウセイカ

3件 の用語解説(中性花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうせい‐か〔‐クワ〕【中性花】

雄しべ・雌しべとも退化または発育不完全で、種子を生じない花。アジサイの装飾花、ヒマワリの舌状花など。不登花。不実花。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうせいか【中性花】

雄しべ・雌しべが退化し、種子を生じなくなっている花。ガクアジサイの装飾花など。不実花。無性花。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中性花
ちゅうせいか

雄しべ、雌しべがともに退化して生殖能力をもたなくなった花のことで、無性花ともいう。ガクアジサイ、イワガラミクサアジサイなどの花序では、中央部に萼片(がくへん)や花弁の発達しない両性花があり、周囲に萼片が花弁状に発達して昆虫誘引の役をする中性花がある。アジサイではすべての花が中性花となっている。キク科の頭状花序では、周囲にある舌状花はしばしば雄しべ、雌しべが退化して中性花となる。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中性花の関連キーワード花托完全花雄花雌花単性花不完全花両性花鱗被花蕊装飾花

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone