コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中性花 チュウセイカ

大辞林 第三版の解説

ちゅうせいか【中性花】

雄しべ・雌しべが退化し、種子を生じなくなっている花。ガクアジサイの装飾花など。不実花。無性花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中性花
ちゅうせいか

雄しべ、雌しべがともに退化して生殖能力をもたなくなった花のことで、無性花ともいう。ガクアジサイ、イワガラミ、クサアジサイなどの花序では、中央部に萼片(がくへん)や花弁の発達しない両性花があり、周囲に萼片が花弁状に発達して昆虫誘引の役をする中性花がある。アジサイではすべての花が中性花となっている。キク科の頭状花序では、周囲にある舌状花はしばしば雄しべ、雌しべが退化して中性花となる。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中性花の関連キーワードリュウキュウハンゲヤマアジサイオオデマリ蔓紫陽花玉紫陽花イチジク沢紫陽花アマチャ紫陽花雄しべ手鞠花大手鞠ヤシ