中性花(読み)チュウセイカ

大辞林 第三版の解説

ちゅうせいか【中性花】

雄しべ・雌しべが退化し、種子を生じなくなっている花。ガクアジサイの装飾花など。不実花。無性花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中性花
ちゅうせいか

雄しべ、雌しべがともに退化して生殖能力をもたなくなった花のことで、無性花ともいう。ガクアジサイ、イワガラミ、クサアジサイなどの花序では、中央部に萼片(がくへん)や花弁の発達しない両性花があり、周囲に萼片が花弁状に発達して昆虫誘引の役をする中性花がある。アジサイではすべての花が中性花となっている。キク科の頭状花序では、周囲にある舌状花はしばしば雄しべ、雌しべが退化して中性花となる。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅうせい‐か ‥クヮ【中性花】

〘名〙 雄しべ・雌しべとも退化、あるいは発育が不完全で種子を生じない花。アジサイの花序の周辺部の装飾花、ヒマワリの花の周辺部にある舌状花などにみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android