コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村九郎 なかむら くろう

美術人名辞典の解説

中村九郎

幕末の志士。萩藩士。通称喜八郎・道太郎、諱は清旭、号は白水山人、変名中河内主水。吉田松陰に師事する。国事に尽力し密用方右筆から江戸方右筆に進む。禁門の変に敗れ、国に戻り野山嶽に投ぜられる。元治元年(1864)歿、37才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村九郎 なかむら-くろう

1828-1864 幕末の武士。
文政11年8月3日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩校明倫館で文武を,吉田松陰(しょういん)に兵学をまなぶ。禁門の変で国司信濃(くにし-しなの)の参謀としてたたかう。帰藩後捕らえられ,元治(げんじ)元年11月12日弟の佐久間佐兵衛らとともに斬られた。37歳。名は清旭。通称は別に喜八郎,道太郎。号は白水山人など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村九郎

没年:元治1.11.12(1864.12.10)
生年:文政11.8.3(1828.9.11)
幕末の長州(萩)藩士。藩要路にあって尊攘運動を支援した。元治1(1864)年家老国司信濃の参謀として上洛,禁門の変に敗れ,帰藩。第1次長州征討下に誕生した佐幕派藩庁により宍戸左馬之介らほかの3参謀と共に処刑された。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

中村九郎 (なかむらくろう)

生年月日:1828年8月3日
江戸時代末期の長州(萩)藩士;尊攘運動家
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

中村九郎の関連キーワード中村進午生年月日没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android