コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村宗哲(3代) なかむら そうてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村宗哲(3代) なかむら-そうてつ

1699-1776 江戸時代中期の塗師(ぬし)。
元禄(げんろく)12年生まれ。歴代のうち漆桶(しつよう)宗哲の名でもっとも著名。宝暦13年後桜町天皇の即位の調度に蒔絵(まきえ)をほどこした。70歳のとき,700点の(なつめ)をつくり「彭祖(ほうそ)の棗」と称された。安永5年1月22日死去。78歳。通称は八兵衛。号は方寸庵,漆翁,漆桶,汲斎。俳号は紹朴。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村宗哲(3代)の関連キーワード元禄塗師

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android