コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彭祖 ホウソ

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそ【彭祖 Péng zǔ】

中国古代の伝説上の長寿者。《荘子》などは単に長寿者の代表として言及するが,神仙思想の発達につれて仙人の一人とされ,さまざまな伝承が付加された。《列仙伝》などによれば,姓は籛(せん),名は鏗(けん)。陸終氏の第3子で帝顓頊(せんぎよく)の玄孫。帝尭(ぎよう)のときに彭城に封ぜられたので彭祖という。つねに桂芝を食し,導引養生の術をよくして長寿を得,末には700余歳に達したが,その後昇天したという。【麦谷 邦夫】
[養生法]
 《医心方》に抄録された《養生要集》には彭祖の養生法が記載されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうそ【彭祖】

中国古代伝説上の長寿者。帝顓頊せんぎよくの玄孫。常に桂芝を食し、導引の術をよくし、夏を経て殷いん末には七百余歳に達したという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

彭祖
ほうそ

中国古代の伝説上の人物。姓は、名は鏗(こう)で、五帝の一人とされる(せんぎょく)の玄孫と伝えられる。彭城に封じられたところから彭祖と称したが、老子と並ぶ長寿者として有名である。彼は導引という呼吸術を行い、つねに仙薬を服したため殷(いん)王朝の末には700歳余りに達していたという。これを聞いた時の王は彭祖を大夫(たいふ)に任命したが、彼は病気と偽ってまったく政務につかなかった。また、王に長命の法を問われてこれを伝授したが、のちに王が秘法のひとり占めを図って彭祖を殺そうとしたので、行方をくらましたという。[桐本東太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の彭祖の言及

【唾液】より

…唾液中にあるパロチンというホルモンは間葉系組織の生理的な発育と栄養に役立ち,緒方知三郎によれば強精効果もあるという。《玉房指要》には彭祖(ほうそ)の言として,五臓が分泌する液は舌に集まるので,神農(しんのう)のころの雨をつかさどる仙人赤松子のように美女の唾を飲めば穀類をとる必要がなく,交接の最中に女性の舌を吸って唾液をたくさん飲みこめば胃炎や乏尿に効き,皮膚は潤って〈姿処女のごとし〉とある。 エジプト神話の中では,テム神の唾からシュー神とテフヌート神が生まれてくる(W.バッジ《エジプト人の神々》)。…

※「彭祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

彭祖の関連キーワード中村宗哲(3世)中村宗哲(3代)金剛巌(2世)中村宗哲枕慈童孫皓

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android