コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村明石(5代) なかむら あかし

1件 の用語解説(中村明石(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村明石(5代) なかむら-あかし

1873-1940 明治-大正時代の歌舞伎役者。
明治6年4月9日生まれ。13代中村勘三郎の子。明治17年東京の猿若座で初舞台をふむ。一時引退するが復帰し,40年名題。42年父の碑をたてるため明治座で「猿若」を演じた。のち大阪の中村鴈治郎(がんじろう)一座にくわわったが,大正8年の舞台が最後となった。昭和15年死去。68歳。東京出身。俳名は鶴童。屋号は舞鶴屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中村明石(5代)の関連キーワード新体制運動地租石炭産業ウォルシュ喜劇映画中南米映画日中戦争北欧映画地租改正レーピン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone