中村明石(5代)(読み)なかむら あかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村明石(5代) なかむら-あかし

1873-1940 明治-大正時代の歌舞伎役者。
明治6年4月9日生まれ。13代中村勘三郎の子。明治17年東京の猿若座で初舞台をふむ。一時引退するが復帰し,40年名題。42年父の碑をたてるため明治座で「猿若」を演じた。のち大阪の中村鴈治郎(がんじろう)一座にくわわったが,大正8年の舞台が最後となった。昭和15年死去。68歳。東京出身。俳名は鶴童。屋号は舞鶴屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android