コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治座 めいじざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治座
めいじざ

東京都中央区日本橋浜町2丁目にある劇場。江戸時代末期富田某三兄弟の「三人兄弟の芝居」という菰張 (こもばり) 芝居が前身。 1873年両国橋畔の興行禁止にあい,久松町に喜昇座として転身。 79年改築して久松座改称,その時の座頭は助高屋高助。火事,台風の災を受けるなどして廃座。 85年千歳座として再建。9世市川団十郎,5世尾上菊五郎,1世市川左団次らの名優の出勤する気鋭の座となった。 90年全焼。 93年座名も日本橋座から明治座と改称。左団次はこの座に拠り,団十郎,菊五郎の拠る歌舞伎座と対抗した。 1907年帰朝した2世左団次は翌年新興行法を実施して失敗。 12年伊井蓉峰の手に渡り,さらに中村伝九郎に,19年には松竹の所有となる。関東大震災後,浜町金座通りに移る。 50年松竹から独立。第2次世界大戦にも焼失,58年再建。 90年6月公演を最後に高層ビル化のため取りこわされ,93年3月新築開場した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

明治座

東京都中央区にある劇場。1893年開館。座席数は約1400席。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいじざ【明治座】

東京日本橋浜町にある劇場。1873年久松町に喜昇座(きしようざ)の名で開場。その後久松座,千歳座を経て,93年11月明治座となった。関東大地震で被災,1928年現在地に移って開場。戦災で焼失,50年に復興,さらに57年に焼失,翌年再建され現在に至っている。座主は高木秀吉,鈴木吉兵衛にはじまり,何度も替わったが,現在は明治座株式会社が経営に当たっている。明治期には初世,2世市川左団次が本拠として,初世は毎興行新作を上演,2世はここを修業の場とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

めいじざ【明治座】

東京日本橋にある劇場。1873年(明治6)喜昇座の名で開場、久松座、千歳座をへて93年以降現名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治座
めいじざ

劇場名。東京都中央区日本橋浜町にある。発祥は江戸末期の両国にあった「三人兄弟の芝居」だが、1873年(明治6)新築の喜昇座が、久松座、千歳(ちとせ)座を経て、93年11月、初世市川左団次によってこの地に新劇場が建設され、明治座の座名で開場したのに始まる。左団次一座の本拠となったが、これを継いだ2世左団次の世になって経営難から売却(1908)、1919年(大正8)には松竹の手に帰した。以後、関東大震災(1923)、太平洋戦争(1945)で焼失・再建を繰り返し、50年(昭和25)には松竹の手を離れ、独立の劇場となった。建物は57年に失火焼失し、58年に再建された。客席1~3階、客席数1688、大衆演劇中心の独自の公演を組んだ。
 1990年(平成2)に新劇場建設のため閉鎖、93年3月旧劇場敷地跡に18階ビルの中の劇場として再開場した。劇場はビルの1階から5階までを占め、客席は3階から5階までで客席数は1368(花道付き)。開場公演は歌舞伎であったが、その後は人気スターや歌手を看板にした多彩な大衆演劇を上演している。[水落 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

明治座の関連キーワード市川 小団次(5代目)宝 山左衛門(3代目)鳥居 清忠(4代目)関 三十郎(5代目)岐阜県中津川市加子母杵屋六三郎(9代)坂田仙四郎(4代)富士田音蔵(5代)中村鶴蔵(3代)中村鶴蔵(4代)市川米升(2代)中村時蔵(2代)長谷川 三之助市川 猿次郎東京都中央区井上 春之輔加賀山 直三春日亭 清吉市川 九団次松竹[株]

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治座の関連情報