コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村栗園 なかむら りつえん

2件 の用語解説(中村栗園の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中村栗園

幕末・明治の漢学者。豊前中津生。名は和・和周、字は子蔵、通称和蔵・三郎、別号に半仙子、酔仙。豊前中津藩士片山東籬の子、近江水口藩儒中村介石の養子。帆足万里亀井昭陽に師事、のち篠崎小竹斎藤拙堂らと交わる。藩校翼輪堂を設立、同校教授・藩執政・大参事となる。著に『孝経一得』等。明治14年(1881)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村栗園 なかむら-りつえん

1806-1881 江戸後期-明治時代の儒者。
文化3年8月生まれ。片山東籬(とうり)の次男。帆足万里(ほあし-ばんり),亀井昭陽にまなぶ。近江(おうみ)(滋賀県)水口(みなくち)藩校翼輪堂でおしえた。明治2年同藩大参事。明治14年12月20日死去。76歳。豊前(ぶぜん)中津(大分県)出身。名は和。字(あざな)は子蔵。別号に半仙子。著作に「日本智嚢(ちのう)」「寤眠録(ごみんろく)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村栗園の関連キーワード八木奇峰入谷澄士昇斎一景関直吉岱阿高橋確斎遠山弘湖那須拙速花沢伊左衛門(3代)松本良甫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone