コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村福助(成駒屋・9代) なかむら ふくすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村福助(成駒屋・9代) なかむら-ふくすけ

1960- 昭和後期-平成時代の歌舞伎役者。
昭和35年10月29日生まれ。7代中村芝翫(しかん)の長男。3代中村橋之助の兄。昭和42年5代中村児太郎を名のり「野崎村」で初舞台。58年伝統歌舞伎保存会会員。平成4年9代中村福助を襲名。17年「積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」の墨染(すみぞめ)役,「嫗山姥(こもちやまんば)」の八重桐(やえぎり)役で芸術院賞。7代中村歌右衛門の襲名(26年3月)が決まる。東京都出身。本名は中村栄一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中村福助(成駒屋・9代)の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android