コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積恋雪関扉 ツモルコイユキノセキノト

デジタル大辞泉の解説

つもるこいゆきのせきのと〔つもるこひゆきのせきのと〕【積恋雪関扉】

歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。宝田寿来作詞、初世鳥羽屋里長作曲。天明4年(1784)江戸桐座初演。逢坂山の関で良岑宗貞(よしみねのむねさだ)と小野小町との恋語りののち、関守関兵衛(実は大伴黒主)が墨染桜を切ろうとして桜の精に素姓を見破られる。通称「関の扉」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

積恋雪関扉
つもるこいゆきのせきのと

歌舞伎(かぶき)舞踊劇。常磐津(ときわず)。通称「関の扉」。宝田寿来(じゅらい)作詞、初世鳥羽屋里長(とばやりちょう)・2世岸沢式佐(しきさ)作曲、2世西川扇蔵振付け。1784年(天明4)11月、江戸・桐(きり)座で、初世中村仲蔵(なかぞう)の関兵衛実は大伴黒主(おおとものくろぬし)、2世市川門之助の良岑宗貞(よしみねむねさだ)、3世瀬川菊之丞(きくのじょう)の小野小町(おののこまち)姫と墨染桜(すみぞめざくら)の精により初演。顔見世狂言『重重人重小町桜(じゅうにひとえこまちざくら)』の大切浄瑠璃(おおぎりじょうるり)としてつくられた上下二巻の大曲。
 雪中に桜の咲く逢坂(おうさか)の関が舞台で、上の巻は、関守関兵衛が、ここに陰棲(いんせい)する宗貞と、図らずも訪れた小町姫との仲をとりもつが、落とした割符(わりふ)から素性を怪しまれるまで。下の巻は、関兵衛実は天下をねらう大伴黒主が盃(さかずき)に映る星影を見て時節を悟り、呪詛(じゅそ)の護摩木にしようと桜の木に切りつけると、墨染桜の精が傾城(けいせい)姿で現れ、なまめかしく言い寄り、最後は互いに本性を現し立回りになるまで。常磐津を代表する名曲で、振付けも天明(てんめい)調といわれる優婉洒脱(ゆうえんしゃだつ)な気分と幻想的な美しさにあふれる。上の巻では小町と関兵衛の問答、宗貞を加えて3人の総踊り、下の巻では関兵衛の生(なま)酔いのしぐさと、豪快な星ぐりの見得、墨染の妖艶(ようえん)な登場から廓話(くるわばなし)を経て、2人の見あらわしと立回りなど、構成は変化に富んで見どころ多く、歌舞伎舞踊中の傑作である。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

積恋雪関扉の関連キーワード中村福助(成駒屋・9代)松本 白鸚(初代)歌舞伎舞踊顔見世物

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

積恋雪関扉の関連情報