コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村芳中 なかむら ほうちゅう

美術人名辞典の解説

中村芳中

江戸後期の画家。京都生。名は徳哉、別号に達々・方中・鳳中等。南画から琳派へ転じ、人物・草花を描いた。俳諧も能くし、木村蒹葭堂とも交わる。大阪に住した。文政2年(1819)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村芳中 なかむら-ほうちゅう

?-1819 江戸時代後期の画家。
京都の人。大坂にすむ。文人画や光琳(こうりん)派風の作品をえがいた。文政2年11月死去。名は徳哉。号は温知堂,達々,担板漢(たんばんかん)。著作に「光琳画譜」,作品に「四季草花図屏風(びょうぶ)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村芳中

没年:文政2.11(1819)
生年:生年不詳
江戸後期の画家。京都に生まれ,のち大坂に住む。号は温知堂,担板漢。南画風の作品や独特のたらし込みを駆使した琳派風の作品を残す。江戸滞在中に『光琳画譜』(1802)を刊行。代表作「四季草花図屏風」(大英博物館蔵)。<参考文献>木村重信『中村芳中画集』

(仲町啓子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の中村芳中の言及

【琳派】より

…光琳の弟子には渡辺始興,深江蘆舟,乾山には立林何帠(たてばやしかげい)らがあり,それぞれ師の画風を継承したが,写生を重視した始興はその後の絵画史に大きな影響を与えた。 1800年(寛政12)前後に大坂で活躍した中村芳中も個性的な琳派画家であったが,琳派の中心はこのころから完全に江戸へ移った。乾山,何帠に続き江戸で活躍した俵屋宗理が果たした先駆的役割を発展させたのが,酒井抱一である。…

※「中村芳中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村芳中の関連情報