コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

担板漢 タンパンカン

デジタル大辞泉の解説

たんぱん‐かん【担板漢】

《「たんばんかん」とも》板をかつぐと、片側しか見えないように、物事の一面だけを見て全体を見ることができない人のたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんぱんかん【担板漢】

〔板を肩に担ぐと左右の片方しか見えないことから〕
物の一面しか見えない者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

担板漢
たんぱんかん

禅語。担板はに板を担ぐこと、漢は男子・輩(やから)の意。担いだ板に一方の視野が遮られて、板の裏側のほうは見ることができないところから、ものの一面だけしか見えず、広い視野にたって全体を正しく認識することができない者をそしるときに用いる語。唐・宋(そう)時代以来、禅の語録や禅問答で、自己の偏見に固執して身動きできない仏道修行者をののしって用いられた。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

担板漢の関連キーワード中村芳中片方左右

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android