コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村蘭林 なかむら らんりん

2件 の用語解説(中村蘭林の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村蘭林 なかむら-らんりん

1697-1761 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)10年生まれ。幕府の奥医師をつぎ,延享4年奥儒者となる。室鳩巣(むろ-きゅうそう)に師事したが,朱子学にこだわらなかったとされる。宝暦11年9月3日死去。65歳。江戸出身。名は明遠。字(あざな)は子晦。通称は玄春,深蔵。別号に盈進斎。著作に「学山録」「読易要領」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村蘭林

没年:宝暦11.9.3(1761.9.30)
生年:元禄10(1697)
江戸中期の漢学者。江戸の人。名は明遠,字は子晦,通称は玄春,深蔵。蘭林と号した。本姓は藤原氏。幕府医官玄悦の子。初め家業を継いで,医官として幕府に仕えたが,延享4(1747)年に儒官に転じた。室鳩巣に師事して朱子学を学んだが,のちに考証を重んじ,古学に近い立場をとり,朱子学に批判的な主張を出した。著書の数は極めて多く,中でも『学山録』と『講習余筆』は,広く世に行われ,のちの学者に大きな影響を与えた。宝暦8(1758)年に致仕し,息子敬基に遺命して,その蔵書49部を足利学校に寄付した。

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村蘭林の関連キーワード竹川政辰横谷友信末包金陵端春荘中根半仙丹羽雲気原斗南平林東谷三上静一三縄桂林

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone