コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村進午 なかむら しんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村進午 なかむら-しんご

1870-1939 明治-昭和時代前期の法学者。
明治3年7月21日生まれ。30年学習院教授。日露戦争に際して開戦論をとなえた「七博士」のひとり。ポーツマス条約批准に反対して学習院をしりぞき,のち東京商大(現一橋大)・早大教授。昭和14年10月21日死去。70歳。越後(えちご)(新潟県)出身。帝国大学卒。著作に「国際公法論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中村進午

没年:昭和14.10.21(1939)
生年:明治3.7.21(1870.8.17)
明治から昭和期の国際法学者。新潟県高田出身。父は中村九郎。明治27(1894)年帝大法科卒。最初憲法を志したが,25年瀬戸内海で軍艦千島が英商船ラヴェンナ号と衝突,70名の死者が出たのに,領事裁判で日本側が敗訴した事件に憤激して国際法に転じた。30年より学習院教授,30~33年独英に留学。ベルリンの街を和服で歩き,同道していた男の妻と間違えられた。対露強硬論七博士のひとりで「学者の本分にもとる」と学習院教授を罷免される。以後東京商大(一橋大),海軍大学校,早大などの教授を務めた。早大の学生が中村の講義中の冗談を,同じ早大出身の父親に話したら「俺も同じ話を聞いた」といったという。<著作>『国際公法論』

(長尾龍一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

中村進午の関連キーワード七博士建白事件七博士事件中村弼

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android