コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村 時蔵(3代目) ナカムラ トキゾウ

2件 の用語解説(中村 時蔵(3代目)の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

中村 時蔵(3代目)
ナカムラ トキゾウ

明治〜昭和期の歌舞伎俳優



生年
明治28(1895)年6月6日

没年
昭和34(1959)年7月12日

出生地
大阪府大阪市

本名
小川 米吉郎

別名
前名=中村 米吉(2代目)

屋号
播磨屋

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞〔昭和25年〕,毎日演劇賞〔昭和25年〕

経歴
明治33年2世中村米吉として初舞台、大正5年市村座で3代目時蔵を襲名する。このころから兄吉右衛門の女房役をつとめ、4代目市川男女蔵(のちの3代目左団次)と人気を分けた。その後、当代随一の女形と称されたが、特に世話女房役が得意で、芸術院会員に推された翌年に他界。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

中村 時蔵(3代目)
ナカムラ トキゾウ


職業
歌舞伎俳優

肩書
日本芸術院会員〔昭和32年〕

本名
小川 米吉郎

別名
前名=中村 米吉(2代目)

屋号
播磨屋

生年月日
明治28年 6月6日

出生地
大阪府 大阪市

経歴
明治33年2世中村米吉として初舞台、大正5年市村座で3代目時蔵を襲名する。このころから兄吉右衛門の女房役をつとめ、4代目市川男女蔵(のちの3代目左団次)と人気を分けた。その後、当代随一の女形と称されたが、特に世話女房役が得意で、芸術院会員に推された翌年に他界。

受賞
日本芸術院賞〔昭和25年〕 毎日演劇賞〔昭和25年〕

没年月日
昭和34年 7月12日 (1959年)

家族
父=中村 歌六(3代目),兄=中村 吉右衛門(初代),弟=中村 勘三郎(17代目),長男=中村 歌昇(2代目),二男=中村 時蔵(4代目),三男=小川 三喜雄(映画プロデューサー),四男=萬屋 錦之介,五男=中村 嘉葎雄

伝記
歌舞伎座の怪人 中村 獅童 著(発行元 講談社 ’09発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone