コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中江宜伯 なかえ ぎはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中江宜伯 なかえ-ぎはく

1643*-1664 江戸時代前期の儒者。
寛永19年11月23日生まれ。中江藤樹(とうじゅ)の子。9歳のときから岡山藩主池田光政(みつまさ)につかえる。父の弟子熊沢蕃山(ばんざん),加世黙軒(かせ-もっけん),中川謙叔とともに藩士らにおしえた。寛文4年5月12日死去。23歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。幼名は虎之助。通称は太右衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中江宜伯の関連キーワード儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android