中津彦太郎(読み)なかつ ひこたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中津彦太郎 なかつ-ひこたろう

1833-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)4年生まれ。矢筈岳(やはずだけ)のしこ名大坂角界で知られた。文久3年周防(すおう)(山口県)にいき七卿を警護元治(げんじ)元年禁門の変に敗れ,7月21日真木和泉(いずみ)らと山崎天王山で自刃(じじん)した。32歳。生年天保6年説もある。肥後(熊本県)出身。名は義直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android