コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中社 チュウシャ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐しゃ【中社】

古く、神社を格式によって大・中・小に分けたうち第二位の神社。賀茂社・住吉社の類。
明治以後の神社制度で、官幣中社・国幣中社のこと。→官幣社国幣社
奥社と里のとの中間にある社殿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうしゃ【中社】

古く、神社の社格を大・中・小に分けたうちの第二位。賀茂神社・住吉神社などがこれにあたるといわれた。
旧社格の一。官国幣社を大・中・小に分けたうちの第二位。官幣中社・国幣中社をいう。 → 社格
奥の社やしろと里の宮の中間にある社殿。なかのやしろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中社の関連キーワード白山比【め】神社生島足島神社大麻比古神社酒列磯前神社大洗磯前神社丹生川上神社都都古別神社二荒山神社大原野神社水若酢神社函館八幡宮若狭彦神社英彦山神宮大物忌神社金刀比羅宮玉祖神社出雲神社玉前神社梅宮神社美保神社

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android