コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中立命題[財政理論] ちゅうりつめいだい[ざいせいりろん]neutrality hypothesis of fiscal policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中立命題[財政理論]
ちゅうりつめいだい[ざいせいりろん]
neutrality hypothesis of fiscal policy

財政理論のなかで,特に財政政策有効性を否定するラディカルな考え方。従来は,完全雇用の下で有効需要政策の無効性を主張する考え方が基本になっていた。中立命題では,無限の将来を見通した消費者が合理的に行動するとき,政府がとる財政政策は,たとえば歳出の増加を赤字国債の発行で行なっても,国債の元利払いのため将来増税を行うことが必要となることから,「合理的な」個人がこれを見越して貯蓄を増加させることで政策を相殺することになり,財政政策は効果がなくなるとの主張を行うようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android