中臈(読み)ちゅうろう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ちゅうろう

宮中女房、武家奥女中の品位。宮中では上、下の中位。江戸幕府の大奥では上、年寄に次ぎ、御台所(みだいどころ)に近侍し、将軍の侍妾(じしょう)となる者も多かった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐ろう ‥ラフ【中臈】

〘名〙
① 出家受戒後の安居(あんご)の功を積んだ年数によって上・中・下と分けた、その中位に位するもの。これによって僧の席次が定まる。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)諸会篇「三綱 勾当〈各法眼平袈裟〉 中臈〈鈍色五帖〉 方広衆〈附衣五帖〉」
② 官位や地位の高くも低くもない、中流の者。
※宇津保(970‐999頃)あて宮「内・東宮の殿上人残るもなくつどひたり。〈略〉上らうは五貫、中らうは三貫、下らうは壱貫づつ給ふ」
③ 平安時代以降、後宮などに仕える女房のうち、中位の階層のもの。上臈・小上臈の下、下臈の上。中臈女房。
※紫式部日記(1010頃か)消息文「上らう中らうのほどぞ、あまり引き入りざうずめきてのみ侍るめる」
④ 室町時代、武家の奥向きに奉仕する女中。御中(おなか)
⑤ 江戸時代、幕府の奥向きに仕えた女中。上臈・年寄などの下。また、大名の奥女中をもさす。
※明良帯録(1814)余篇「大奥女儀の昇進〈略〉御中臈」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android