コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下臈 げろう

2件 の用語解説(下臈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下臈
げろう

身分の卑しい者をいう。元来,臈とは僧家の語で,僧侶が雨期の陰暦4月 16日から3ヵ月間,一室にこもって修行することを安居 (あんご) といい,安居を一臈として功を積む年 (→法臘 ) を数えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


げろう

」は、僧侶(そうりょ)が一夏(げ)九十日の安居(あんご)を終えること(夏(げろう))をいう仏語で、この回数によって受戒後の年数を数えた。本来は、その夏を積むことの少なく、修行の浅い僧の称であったが、転じて、広く官位、身分の下級な者、年功の浅い者をいう。また、「下男」「下侍」「下女房」「下法師」のように、他の名詞の上につけて、身分が低い意を添える。「下の蔵人(くろうど)」は、六位の蔵人の別称である。のちに「下郎」と書いて、人に使役される卑賤(ひせん)の下僕をいい、人をののしる場合にも用いた。対照語に「上(じょうろう)」がある。[兼築信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下臈の関連キーワード似非者下姓褐寛博下輩下種下種の逆恨み生者素町人小僕釈褐

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone