中臣祐茂(読み)なかとみの すけしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中臣祐茂 なかとみの-すけしげ

1199-1269 鎌倉時代の神職,歌人。
正治(しょうじ)元年生まれ。中臣祐明(すけあき)の子。嘉禄(かろく)2年奈良の春日(かすが)若宮神社の神主となる。「和歌の浦に跡付けながら浜千鳥人に知られぬ声のみぞ啼く」と浜千鳥をよんだ和歌にちなんで浜千鳥神主とよばれた。歌は「続後撰(ごせん)和歌集」「玉葉和歌集」などにある。文永6年10月13日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android