コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中西耕石 なかにし こうせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西耕石 なかにし-こうせき

1807-1884 江戸後期-明治時代の画家。
文化4年生まれ。陶工の家に生まれ,大坂で篠崎小竹(しょうちく)の門にはいる。のち京都で小田海僊(かいせん)にまなぶ。山水,花鳥にすぐれ,日根対山(ひね-たいざん),前田暢堂(ちょうどう)とともに「対暢耕」とよばれた。明治17年1月9日死去。78歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。名は寿。字(あざな)は亀年。別号に竹叟。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中西耕石

没年:明治17.1.9(1884)
生年:文化4(1807)
幕末明治の南画家。名は寿,字は亀年,別号を竹叟という。筑前(福岡県)の人。はじめ小田海僊の門に入り四条派を学ぶが,のち南画に転じ一家を成す。日根対山,谷口靄山と併称され,明治初期の京都の南画界を牛耳った。

(星野鈴)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

中西耕石の関連キーワード吉嗣 拝山長田 雲堂巨勢 小石神楽江巻石山内耕烟吉嗣拝山巨勢小石幸野楳嶺明治時代衣笠豪谷長田雲堂石川柳城池田雲樵長阪雲在秦金石没年

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android