コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中西耕石 なかにし こうせき

美術人名辞典の解説

中西耕石

幕末・明治の南画家。筑前蘆屋生。名は寿、字は亀年、別号に荃岡・竹叟・石山断流閣等。幼時より画を好み、大坂で篠崎小竹の門に学び、ついで京都で小田海僊に学び一家を成す。山水・花鳥を能くする。当時日根野対山前田暢堂と併せて対暢耕と称された。明治17年(1884)歿、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西耕石 なかにし-こうせき

1807-1884 江戸後期-明治時代の画家。
文化4年生まれ。陶工の家に生まれ,大坂で篠崎小竹(しょうちく)の門にはいる。のち京都で小田海僊(かいせん)にまなぶ。山水,花鳥にすぐれ,日根対山(ひね-たいざん),前田暢堂(ちょうどう)とともに「対暢耕」とよばれた。明治17年1月9日死去。78歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。名は寿。字(あざな)は亀年。別号に竹叟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中西耕石

没年:明治17.1.9(1884)
生年:文化4(1807)
幕末明治の南画家。名は寿,字は亀年,別号を竹叟という。筑前(福岡県)の人。はじめ小田海僊の門に入り四条派を学ぶが,のち南画に転じ一家を成す。日根対山,谷口靄山と併称され,明治初期の京都の南画界を牛耳った。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中西耕石の関連キーワード吉嗣 拝山巨勢 小石長田 雲堂神楽江巻石衣笠豪谷長田雲堂吉嗣拝山幸野楳嶺明治時代巨勢小石山内耕烟長阪雲在石川柳城池田雲樵秦金石没年

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android