コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中谷桑南 なかたに そうなん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中谷桑南 なかたに-そうなん

1819-1883 幕末-明治時代の僧。
文政2年生まれ。西本願寺学寮(現竜谷大)にまなび,天竜寺の環中(かんちゅう)に師事。仏教天文学をおさめ,須弥山儀(しゅみせんぎ)(仏教世界観の模型)をつくり,自作の望遠鏡で惑星を観察。和歌山県の立正寺に私塾顕正社をひらいた。明治16年3月10日死去。65歳。紀伊(きい)海部(あま)郡(和歌山県)出身。本姓は谷河。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中谷桑南の関連キーワード橋本宗吉アメリカ美術日本の医学史(年表)アルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズユーイング(Sir James Alfred Ewing)おらが春

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android