中谷翫古(読み)なかたに がんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中谷翫古 なかたに-がんこ

1868-1937 明治-昭和時代前期の彫刻家。
明治元年生まれ。鈴木年基に浮世絵を,父省古に彫刻をまなぶ。明治26年上京して竹内久一に入門。木彫に日本絵の具をほどこす美人風俗像を得意とした。昭和12年5月3日死去。70歳。安芸(あき)(広島県)出身。本名は房吉。作品に「寛永のくぐつ」「恐怖」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android