コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中谷翫古 なかたに がんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中谷翫古 なかたに-がんこ

1868-1937 明治-昭和時代前期の彫刻家。
明治元年生まれ。鈴木年基浮世絵を,父省古に彫刻をまなぶ。明治26年上京して竹内久一に入門。木彫に日本絵の具をほどこす美人風俗像を得意とした。昭和12年5月3日死去。70歳。安芸(あき)(広島県)出身。本名は房吉。作品に「寛永のくぐつ」「恐怖」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中谷翫古の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児戊辰戦争斎藤寅次郎渋谷実中国映画

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone