中道政治(読み)チュウドウセイジ

デジタル大辞泉 「中道政治」の意味・読み・例文・類語

ちゅうどう‐せいじ〔チユウダウセイヂ〕【中道政治】

二つの対立する勢力のどちらかにかたよらず、中正を旨とする政治。特に、右派左派のいずれにもかたよらない政治。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「中道政治」の意味・わかりやすい解説

中道政治
ちゅうどうせいじ

左右両翼に偏せず,中道を歩む政治という意味。普通計画経済,社会化政策を綱領に掲げる左翼,および反自由主義,反社会主義,さらには反民主主義の立場をとる右翼に対して,穏健保守主義,自由主義,社会民主主義などの立場をとる中道派勢力ないしはそれらの連合勢力によって営まれる。フランス第三,第四共和制下の中道派連立政権による政治がその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android